« 御岳バックカントリー | トップページ | 栂池 天狗原バックカントリー »

2009年3月11日 (水)

妙高 三田原山バックカントリー

3月8日 曇りのち快晴

祝!初新潟 

「少し登って大いに滑る」というコンセプトの妙高エリアに出勤してきました。

そのコンセプトは言葉のとうりでスキー場TOPからわずか2時間ののぼりにもかかわらず標高差1000m以上のすべりを楽しんできました。下部へ行ってもその雪質はあまり変化することなく楽しく遊べました。 

しかし、登りが少ないということは当然楽して楽しめるということで、人気があるということになり、静かな山行は望めないわけで。 当日は30人以上が山にいたわけで・・・ 自分的にはちょっとね

でもここは滑るゾーンが広いのか、滑っていっても人に会うことはあまりなくて皆さんどこへ行ったのやら?

Img_1951 妙高山のお釜の中

結構滑っていく方々を見かけまして、今回視野に入れていなかったことを少し後悔。目標1つできました。

Img_0443 三田原山より日本海

当日は高曇りで展望は結構ありましたが(遠くは槍ヶ岳まで)

光がなく写真が・・・

Img_0465 快適なぶなの森

パウダーの時期にもう一度。

今回の山行で自分の中でエリアが増えたわけで、開拓しがいのある新しい場所に行くという楽しみができました。 

|

« 御岳バックカントリー | トップページ | 栂池 天狗原バックカントリー »

バックカントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529523/28574249

この記事へのトラックバック一覧です: 妙高 三田原山バックカントリー:

« 御岳バックカントリー | トップページ | 栂池 天狗原バックカントリー »