« 御岳再び | トップページ | バックオーライ! »

2009年4月10日 (金)

焼岳バックカントリー

4月10日 快晴 無風どっピーカンsun

Img_1984 北アルプス最南端 YAKEDAKEに行って来ました。厳冬期に行ってみたかったのですが、機会がなく賞味期限ぎりぎり?に行くことができました。

釜トンネルの入り口に自転車をデポして、中の湯温泉より登り始めます。

暑い! とにかく日向を登ると汗がだらだらと出ます。

今日はどこまで行っても涼しいとも感じません山頂にて15℃を表示しています(ザックにつけた時計で計測)Img_1999_2

 で、いよいよザラメ雪の滑降開始です。

山頂直下のボウル状の斜面は快適な滑り。乗鞍岳、御岳を見渡せます。

一気に下堀沢へと突入です。

Img_2003_2 下堀沢に入ったとたん、雪が重い?ターンができない。

標高にして2000mを切るととたんに雪質が変わり試練開始です。

今日は気温が上がっているので沢の中にはあまりいたくはないので、ジャンプターンの連続で無理やり下っていきます。が!

この先さらにすごいことに。

Img_2005 何じゃこりゃ?一面落石だらけで滑るところがありません。

結構下ってきてしまったし、周囲の崖からは仕切りなしに小石が落ちてきます。(カラカラといやな音が響きます)

申し訳ないが、板のソールを犠牲にして急いで梓川まで下ることに決定sad

Img_2015 梓川右岸も崖からの落石が多量にあるため下ることができず、上流の橋まで藪漕ぎしてたどり着いて左岸の道路を帰りました。

釜トンネルは電気が消されていて真っ暗結構怖いです、ヘッデンで通過。

 

Img_2021

出口(入り口?)の売店に荷物をデポして、後は自転車にて中の湯まで。これが今日一番疲れました。

downwardleftこの荷物が重いノンなんの。歩きなら動けますが、自転車は無理!

一日天気がよく穂高の展望も望めいろんな経験ができ大変よくできました。

|

« 御岳再び | トップページ | バックオーライ! »

バックカントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529523/29057408

この記事へのトラックバック一覧です: 焼岳バックカントリー:

« 御岳再び | トップページ | バックオーライ! »