« @nifty mobile BB | トップページ | 燻製作成 »

2009年6月17日 (水)

乗鞍山麓1周

6月14日。15日 晴れ、後、雨

全国的に梅雨に突入した模様ですが、子供の学校が月曜日に振り替え休日になるため天気予報と相談して、前から気になっていた、飛騨たかね野麦オートビレッジキャンプ場に行ってきました。

Img_2216

標高1400mの高地ということもあり、天気がよくても風が少し吹くと涼しく、雲の影になると寒いくらいです。

この季節、山菜取りがピークのため、山道の入り口のゲートは鎖で封鎖されており、予約しないと泊まれないのかも。

Img_0853

日曜月曜の使用と言うこともあり、ほかにお客さんいません。広大なキャンプサイト貸切です。(夜になると結構寂しくなりますが・・・)

サイトをぐるりと1周見渡してみましたが、結構1つ1つのスペースが狭くて、テントとタープの組み合わせで車が大きいとぎゅうぎゅうのところが9割ぐらいでした。また、シーズン始めだからなのか、雑草の背が結構高くて雨上がりは足元が結構濡れました。ハイシーズンは人に踏まれて倒れるのでこんなことは無いのかも知れませんが、小さい子供は腰まで埋まる?

Img_0880

周囲にテントがないことをいいことに夜は豪快にキャンプファイヤーしてみました。(直火はNG) 薪を8段重ねて燃やしたところ、思っても無いような火柱が上がり少しビビリましたが、夕方の雨で草木が濡れていたため問題なく終わりました。いい教訓になりました。

夜には満点の星空を期待していましたが、雲が出てきて少ししか見れませんでした。次回に期待ですね。ただ、夜中になっても外灯とトイレの外の電気がついており、星空が出てもくすんでしまうのではないのでしょうか?暗い中トイレに行かないですむのでありがたいことなのですが、キャンプ場のキャッチフレーズにもなっている星空なので灯りは消したほうがいいのでは。

Img_0882

Img_0885

2日目は、乗鞍高原経由白骨温泉の予定ですが、野麦峠を越えたあたりから娘の車酔いが始まり、「温泉だけは行く」とがんばるので途中どこも寄らずに温泉に到着。(道中寝てくれたので助かりました。)

Img_2221

Img_2224

白骨温泉野天風呂に入りましたが、新緑の中すぐそばを流れる川の音を聞きながら入る温泉はいいものです。

次回は有名な泡の湯に行ってみたいですね。

今回乗鞍岳山麓を丸と1周しましたが結構時間も係りますが見所満載でした、乗鞍高原は次回ゆっくりと訪れたいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
クリックしてみて

|

« @nifty mobile BB | トップページ | 燻製作成 »

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529523/30156285

この記事へのトラックバック一覧です: 乗鞍山麓1周:

« @nifty mobile BB | トップページ | 燻製作成 »