« 笠が岳登山 no2 | トップページ | 一色の森キャンプ場 »

2009年9月27日 (日)

笠が岳登山 no3

山頂の展望はありませんでしたが、代わりにブロッケン現象が見えました。ガスの量が少なくてはっきりとは見えませんでしたが、はじめてみる景色にびっくり!

Img_1369

頂上から見るテント場。この後ほとんどが埋まりました。

Img_1368

テント場から見る小笠と山荘、そして山頂。

Img_1375

このテント場から歩いて10分ほどのところに山荘があり、水とトイレはお借りしました。

山荘で受付するのですが、さすがシルバーウィーク、山荘泊まりの方々の長蛇の列で受付も30分待ちでした。(テントは別の列でしたが受付は1人なので結局・・・)

今日の夕食は、カップラーメン、アルファ米2人分、親子丼、スープ、ビール2本、ワイン1本(現地調達)と豪勢です。山の上で食べるものは何でもおいしくいただけます。

ソロテントは秘密基地みたいで楽しいですね。

Img_2618

夕方からガスの下に入ってしまい展望がなくなりました。夕焼け、星空、朝日撮影用に重たい三脚を持ってきましたが(2kg超えています)必要なしdown

9月22日cloud/rain

朝テントを出ると一面雲の中。雨が降ってこないうちにそそくさと朝食を食べて、テント撤収。山荘でトイレを借りようと思い出向くとそこにはすでに長蛇の列。2階まで列が並んでいてあきらめて下山開始。(どうか下まで持ちますように)

再び山頂を通過してクリヤ谷経由で槍見温泉を目指します。

Img_2629

山頂過ぎて2600m位から雨が降ってきました。下界では朝早くから本降りだったそうです。

仙人様がいそうな雰囲気なグラードです。

Img_2632

下山開始から3時間以上人に会うことが無く、あれだけ居たのにどこへ行ってしまったの?それとも道を間違えたの?と、一人は何かと不安です。

道中カメラは濡れるからとあまり撮影しませんでしたが、紅葉は結構きれいでしたよ。

Img_2638

クリヤの頭からのクリヤ谷は疎林で斜度もそこそこあり山スキーに最適に思えました、要チェックです。

下山開始から5時間半やっと槍見温泉へ到着です。雨で滑る石と悪路にてこずりながらも楽しい道中でした。 下部では沢を渡る箇所が数箇所ありましたが今日は濡れずにすみました。雨が本降りで増水していたら渡れないときもあるらしいので注意が必要です。

下山後は新穂高の湯(無料)に直行、いつものように手ぬぐい1枚で行きましたが、なんと人生は初の混浴。女性の方が入っていらっしゃって少し困惑。

道路から丸見えの温泉なので水着を着ている方もちらほら。今回は裸の方のほうが多いので大丈夫でしたが、水着の方ばかりのときに入浴しようと行ったら入れる雰囲気ではないですね。 日本の温泉は裸で入りましょうよ。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
ポちっとしてください

|

« 笠が岳登山 no2 | トップページ | 一色の森キャンプ場 »

夏山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529523/31541423

この記事へのトラックバック一覧です: 笠が岳登山 no3:

« 笠が岳登山 no2 | トップページ | 一色の森キャンプ場 »