« ある1日 | トップページ | 大渚山BC »

2010年2月 4日 (木)

輝山北東尾根

2月4日cloudsnow

本日、緊急の休みのためテンションが上がらないまま、1回敗退している輝山へ行ってきました。(カメラ忘れて写真は携帯にて・・)

麓では10cm位の新雪 標高が上がると40cm以上は積もっていたと思います。これは帰りはウハウハだなと思って尾根取りつき部の急登をこなしていくと、足元からデロデロとスラブが落ちていきます

Img_0098 結構辛い取りつきをこなして上部平坦地へココからはゆるい登りで横移動だから後は楽勝?

あれ?トレースがある。何でここから始まるわけ?大木の根元のくぼみから始まっているけど誰か昨日泊まったのかな? 上から来て上に戻って行ってる。結構物好きだな。使わしてもらうことにしたけど、ストックの痕ないし木の枝に向かって歩いては曲がってる、なんか変?これって人間の痕じゃないよね。 まだ新しいけど、この辺にいるのかな?クマ・・・

速攻Uターン決定!ngそそくさと滑る準備して帰ってきました。写真も撮ってる余裕なし。またしても敗退。次回の目標ができました。一人ではもうこれません。

ゆるーい斜面のパウダーをいただきながら下部の沢に到着、スキーカットでチェックして見ると、今回の新雪が全部綺麗に流れていきます。さらにその下のほうにはその前に雪崩たデブリがあります。3本の沢をチェックしましたが上部斜度のきつい2本は同じ状態で残り1本は一応OK

Img_0101

前回ここへ来たときも同じような状態でした。雪質はいいのにこれじゃ楽しめません。

といいながらも縦に落としていけば何とかなるので、滑り始めたら楽しいのですが。デブリ痕で底付きするのがたまに傷。

それでも時間が早いため、自分のトレースを使ってもう1本上り返して隣の沢へ。

ちなみに取りつきの林道はこんな感じの氷木でスムーズには通してもらえません。

Img_0097

今日も独り占めの山スキー&温泉。お腹いっぱい遊びました。次回はどうしようか?

|

« ある1日 | トップページ | 大渚山BC »

バックカントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529523/33251607

この記事へのトラックバック一覧です: 輝山北東尾根:

« ある1日 | トップページ | 大渚山BC »