« 一難場山BC | トップページ | 白馬乗鞍BC »

2010年4月10日 (土)

御岳kazooシュート

4月10日sun 

約1ヶ月ぶりの山スキーです。

本日の出勤は御岳山。さてさて体力と気力が持つでしょうか?

いきなり朝寝坊してしまい、現地到着が9時過ぎになりいきなりの敗退モード。

ゴンドラ下り場から30分ほどで森林限界付近。稜線はいつもながら風が強そう。

Img_3229

 登山口からは20人くらいの人が山へ入って行きましたが、山の中にはすでにそれ以上のたくさんの人が入っていました。(写真では米粒にしかみえません)

Img_3232 2の池はすでに氷が解けて水面が出ていましたし、北斜面はカチカチで今回は見送り。1人スノーボーダーが滑っていきましたがトラバースしてるだけに見えて楽しそうではありませんでした。

Img_3234

上り始めてから2時間半、ようやく山頂です。心配していた風も全然無くて、ぽかぽか陽気の山頂です。

Img_3236

Img_3243

さて、ガスが気になりますので、そそくさと滑る準備をしていますと、ビンディングがなぜかはまらない?よく見るとブレーキの金具が外れていて完全にアウト!直そうとやってみるけどぜんぜんだめ。そのまま歩いて帰れってか? いやいや無理やりブーツと板の間に挟んでセット完了。今日は上り返しはなしです。shock

前々から気にはなっていた山頂北はあきらめて、登った尾根を下りkazooシュートを目指します。 ところどころ偵察しながら入り口まできました。 

Img_3259

Img_3252 本日1番目いただきます。ザラメのサイコーのコンディションに晴天ときたらテンション上がりまくりです。写真なんてとっている場合ではないです、一気にボトムまで行ってしまいたいコンディションです。

Img_3262 ここでまだ時間が早いので、上り返してもう1本隣の沢を狙いたかったのですが・・・ それほどのコンディションでした。

ココからはいつもの沢沿いへ入って行き(滝の少し前までは気持ちよかったですよ)後は腐れ雪の消化試合。

ゲレンデへ入ったところでnotwaxを塗ったところむちゃくちゃ調子が良いじゃないですか、春は持ち歩くこと決定!

駐車場から見返すと、なんとシュートのところの自分のシュプールが残っているじゃないですか、しかも荒らされていないときたらもうずーッと見入ってしまいますよ。

 Img_3269

次回のルート確認もできたし、今日はカンペキ、大満足です。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村

|

« 一難場山BC | トップページ | 白馬乗鞍BC »

バックカントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529523/34164293

この記事へのトラックバック一覧です: 御岳kazooシュート:

« 一難場山BC | トップページ | 白馬乗鞍BC »