« 木曽駒高原キャンプ場 no2 | トップページ | 双六岳&三俣蓮華 no2 »

2010年9月26日 (日)

双六岳&三俣蓮華 no1

9月25日sun

2ヶ月ぶりの山行は北アルプスは新穂高温泉より、左俣谷を進み、一路双六岳を超えてどこにまで・・・。

天空の人

Img_2707

朝いつものように、新穂高奥の駐車場に止めようとすると、駐車禁止のコーンが乱立、急遽無料駐車場までUターン。

Img_2668

今日はどこまで行きましょうか?

山はもう秋の気配がところどころに漂っています。紅葉の時期も待ちどうしいです。

Img_2679

あの、有名な鏡平にて私も写真を取ることができました。

Img_2690

鏡平に着いた時は、周り一面ガスがかかっていて、景色は期待していなかったが、ザックを下ろしたとたんに晴れてきまして、感動もひとしおです。

が、前回の槍ヶ岳以降、特に何もトレーニングしていないので、ペースは一向に上がりません。 双六小屋にて終了したかったのですが、体力作りで三俣蓮華まで行くことにしました。

Img_2702

ここからが試練でした。足が終わっていたのです。思う存分牛歩の歩みです。次から次へ抜かれるは、休憩の連続で進みませんがやっとの思いで着きました本日のキャンプ地。

Img_2718

普通雑誌ではキャンプ指定地は写っていないので、今回は入れておきました。

ここまで8時間、頑張りました。

このテン場は雰囲気が良いですね。北アルプスの山に抱かれている感じで、山の奥に来た実感がわきます。町の明かりは一切見えないというところが良いです。

その代わりテン場からは日の出、日の入りは直接は見えません

夜は満点の星空が期待できそうな予感が・・・ 実際私が見たのは煌々と輝く”月”、よって満点の星たちはお預け。

ここでは水はごらんのとおり、好きなだけどうぞという感じで、(さすが黒部源流)知らなかった私は3㍑もの水を運んできました。(いい運動になりました)

Img_2722

本日快晴のため、夕日に燃える鷲羽、ワリモ。 こちらは次回のお楽しみ。

Img_2768

|

« 木曽駒高原キャンプ場 no2 | トップページ | 双六岳&三俣蓮華 no2 »

夏山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529523/36941149

この記事へのトラックバック一覧です: 双六岳&三俣蓮華 no1:

« 木曽駒高原キャンプ場 no2 | トップページ | 双六岳&三俣蓮華 no2 »