« 双六岳&三俣蓮華 no1 | トップページ | 奥飛騨温泉キャンプ場へ »

2010年9月27日 (月)

双六岳&三俣蓮華 no2

9月26日 sun

快晴が約束された1日?今日はもう下界へ帰らなければなりません。

三俣蓮華からの日の出。

Img_2797

昨日の夜はひどかった、夜7時にシュラフに入り込み朝の3時におきるはずが、夜の9時には目が覚めてしまい、なかなか寝付けずに朝の2時を迎えてしまった。 疲れると眠れないのか?

そんなんで、朝の4時半に出発。

素晴しい朝日。

Img_2799

一人占めの山頂。

シルエットでアルプスの山の名前がわかるかな?

Img_2794

黒部五郎と月

Img_2803

夕日のときも感じたのだが、太陽の反対側の地平線上部が紫色に染まるのは何でだろう? 

後で知ったのだが、今日は初霜が下りたとか。

Img_2813

高さ10cm程の霜柱がいたるところにあります。そういえば霜柱を踏むのはいつ以来だろう?

みえにくいかもしれないが双六小屋前の池も氷が張っていましたよ。

Img_2835

双六山頂から槍

Img_2829

今回の山行はずーっと槍に見守られているようです。

Img_2694

双六山頂部を離れると後は下るだけです。名残惜しいですが帰りましょう。

双六山頂北の稜線より、滑ったら調子よさそうな沢。(帰ってこれたら楽しい)

Img_2815

樅沢岳の南面、南西斜面も滑ったらおいしそうな斜面

そして飛騨沢。 この付近滑るには退屈はしません。

Img_2856

双六小屋から新穂高まで帰る途中、少女2人(小学生)とご両親で歩いている親子を発見しましたが、無事下りられたのでしょうか?気になりますね。

最後わさび平にてラーメンを食べましたが、これがU・MA・I 山小屋のラーメン恐るべし

今回も無事に下りてくることができました。

恒例の橋の下温泉に行きましたが、現在大雨による災害復旧調査中のため閉鎖down

平湯の神の湯に久しぶりに行きましたが、結構メジャーになってしまったのか、お客さんが4、5人いました。 いつもは独り占めなのにな。

|

« 双六岳&三俣蓮華 no1 | トップページ | 奥飛騨温泉キャンプ場へ »

夏山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529523/36960340

この記事へのトラックバック一覧です: 双六岳&三俣蓮華 no2:

« 双六岳&三俣蓮華 no1 | トップページ | 奥飛騨温泉キャンプ場へ »