« ラッセル日和 | トップページ | 長かったお休みin針ノ木岳 »

2012年2月14日 (火)

いつも最高ではありません

2012年2月12日snowのちsun

今日はやらかしてしまいました。

Img_2919

深い森の中へ散策気分でハイク開始。

山麓でおじさんに「今日の山は荒れるから・・・」と、予報では雪後曇りになっていましたがなかなか風が強いし上部は昨日につづき ガス

2

本当に散策になってしまいそうな雰囲気で素晴しく癒されます。

Img_2930

いつまでたってもガスは晴れてこないので今日は適当な所を少し滑ってこのまま帰ろうかとよさげな所まで来て雪をチェック。昨日の夜に積もった雪が所により30cmその下にクラストした雪があるがカチカチではない。これならいける

ここで時計がないのに気が付いた、少し上の休憩したところに落としたのか?と少し登り返してストックでつついてみると雪の中から出てきた。ちょっと感激。後から思うとこれが今日は止めとけのサインだったのか。気分が乗らないままで、このふかふかの雪につられて沢に入ったのが最後。

クラストの雪にエッジが引っかかったのか?バランスを失いフェイキーになってしまったのを最後、その後どうなったのかは分からないが、とにかく落ちた、滑った、何も見えない、必死に何をしようが止まらない下がどうなっているか分からない状態では恐怖しかない。この先木に激突するのか、はたまた崖から落ちるのかとかいろんなこと が頭をよぎる。何故かちょうど上手いこと体が回転して足が下になったような気がして雪に足が埋まり停止。

その直後、上から落ちてくるであろう雪、もしくは身につけていた板やストックに対しての恐怖が実をよぎる(なぜか冷静)何も落ちてこないし、雪崩の中って訳ではなさそうだ。

ゆっくり起き上がって、足は少し痛いが動く、手も頭も痛いところはないストックはすぐ手元に2本ともある。ザックは背中に掛かったままだ。ビーニーとゴーグル、あと板が2本とも見当たらない。さて困った。板がないこの状況でどうやって帰ろうか。ここがどこかも分からない、どのくらい落ちたのだろうか?下っても良いのだろうか?上を見上げると40度位の斜面が待っている、下へ行けば多分つぼ足だと腰ラッセルになるのではないのか?とか色々なことが一度に頭をぐるぐると・・・まずは安全?なテラスへ移動してお茶を一杯。

これがよかった。移動してみてわかったが、クラストした雪が意外と登りやすい、時間はまだ12時。 板が上にあるか下にあるか分からないけれど・・・

よし!登ろう!

見上げると青空も

Img_2939

もう下は見ない。「あせらなくても今日中に帰ればいい」と言い聞かせるが「今日中に」というところがまだあせっている証拠 ゆっくりと行動しているつもりでも足元が崩れると焦る。

ゆっくり ゆっくりと自分に言い聞かせて行くと。

板があった!

Img_0877
2本とも無事だ、帰れる。板を回収してザックにくくりつける。ここで休憩。

ここを滑落

Img_0879
この上部どれだけあるかまだ分からないが行くしかない。滑って下りることは考えないようにする。

時間は13時、まだ余裕?

つぼ足でしか登れない壁を這い上がり、滑ったら早く帰れるかも?の誘惑に負けそうになりながらドロップポイントへ戻ってきました。

ここからはもう滑って帰るだけのはずだったのですが、えっ!足が痛くて滑れない。仕方なくシールを貼ったまま上り下りの尾根をなんとか歩いてスキー場上部へ

人生初のリフトでの下り

景色最悪

Img_0882

しかし、ここに記、することが出来てよかったと。

いまだに、なぜ転び、なぜ止まったのかが分からない・・・? ただひとつ、下らなくて正解だった あの足で滑っていたらどうなっていたことか

昨日も、今日も 下山後の山の景色は晴れ渡り最高

Img_0140

|

« ラッセル日和 | トップページ | 長かったお休みin針ノ木岳 »

バックカントリー」カテゴリの記事

コメント

gezankaさん こんばんは

たいへんな思いをされましたね。
金山岩方面へ行ってのアクシデントですか?
命と板が御無事で本当に良かった。
単独は怖いね。自戒こめて・・・

投稿: maoyuki | 2012年2月14日 (火) 01時01分

maoyukiさん、こんばんは
そうなんですよ、まだこのくらいですんでよかった?と思います。
怪我が治ったらまた宜しくお願いします。
お互い気をつけましょう。

投稿: gezanka | 2012年2月14日 (火) 01時05分

ブログみて驚きました。滑落ですか?大事にならなくて何よりです。今シーズンは雪が多くて事故も多いので気を付けてください。特に単独なのでいっそうの注意を。
怪我ですが、膝ですか?大丈夫ですか?3月の飛騨沢むりなさらぬよう。4月に延期してもよいですよ。

投稿: アガタ | 2012年2月14日 (火) 12時42分

アガタさん、心配おかけします。
一応、両脚のふくらはぎの打撲で済んだみたいですが、膝が曲がらないのが辛いです。
一回休みってとこだと思います。

投稿: gezanka | 2012年2月14日 (火) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529523/44107588

この記事へのトラックバック一覧です: いつも最高ではありません:

« ラッセル日和 | トップページ | 長かったお休みin針ノ木岳 »