« いつも最高ではありません | トップページ | 飛騨沢、修行系 その① »

2012年4月13日 (金)

長かったお休みin針ノ木岳

2ヶ月ぶりの出勤です ここまで長かった(;ω;)

Img_0927

今日の目的地は針の木雪渓 行ける所まで。

Img_0945

日向山ゲートは夜間はまだ閉まっているみたいで、6時近くにならないとOPENしません。

立山プレオープンのため、まだ人影の少ない扇沢から出発

Img_0220
朝は稜線の風が強そう、どうなることやら

Img_2941
去年は出発直後から右岸へ苦もなく渡れたような気がしましたが、今年は沢が割れていて左岸を詰める事に、雪少な。

ここのところの暖かさと少し前の降雪からか、歩き始めてすぐにデブリランドが出てきました。大きいものでは高さ2mを超えてそうなものまで・・・ 南を向いた沢を中心に小さいものまで合わせるとほとんどの沢でデブリを確認できました。

Photo_2

こんな物に遭遇したらひとたまりもないでしょう。あー怖。

天気もよくて久しぶりの山ですから、サイコーの気分です

Img_0222_2

ずんずんデブリを超えていきますと、ヤマクボ沢には入る頃には面ツルの斜面が目白押しになってきてテンション上がります。

Img_0930今日は先行者1名でそのほかは、途中で引き返したグループ?が1組で上部は2人のみでしたが、私は先行者のトレースを使わせていただきまして、大変楽させていただきました。みていないと思いますが、この場で「ありがとうございました」

天空に延びる先行者のラッセル跡

Img_0933_4

言い忘れましたが、ヤマクボ沢は新しい降雪があったみたいで、2600からはラッセル(私はしてませんが)でした。

先行者に導かれ、稜線に到着 6時間弱掛かりました、まあこんなものでしょう。

Img_0935_2

さて、待望のドロップですが、なにぶん心配ことが多いので(怪我明けこんなとこ滑っていいのかいな)慎重に行きます。

Img_0940_4
宴の後

先行者は山頂直下を滑っていきましたが、そこへ行くには壁!を登らないといけないため私は無理。登った斜面を降りていきます。 
風で飛ばされたところはアイスバーン、登りも苦労しましたが下りも苦労します。

ヤマクボ沢使用前

Img_0929_2
ヤマクボ沢使用後

Img_0945_3

贅沢に使わせてもらいました。ちなみに峠方面はノートラックのため明日行く方はそちらもいいですよ。(雨ですけど、雪かもよ)
後は消化試合、少しのザラメとその後に現れる妖怪板つかみ&デブリランドをやり過ごして扇沢まで。

Img_0956

楽しゅうございました。

|

« いつも最高ではありません | トップページ | 飛騨沢、修行系 その① »

バックカントリー」カテゴリの記事

コメント

GEZANKAさん こんにちは

待ってました!
どうやら完全?復活のようですね。
久々に拙と参りませんか?
GWに槍に・・・

投稿: maoyuki | 2012年4月16日 (月) 19時53分

maoyukiさん、今晩は、お久しぶりです。
こちらは完全復活には程遠く、不安要素いっぱいです。(現在もリハビリ中)
maoyukiさんのペースにはとてもじゃないですが付いていくことは出来ないでしょう。GW行けそうなら連絡しますよ。

投稿: gezanka | 2012年4月16日 (月) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529523/44871149

この記事へのトラックバック一覧です: 長かったお休みin針ノ木岳:

« いつも最高ではありません | トップページ | 飛騨沢、修行系 その① »