« 飛騨沢、修行系 その2 | トップページ | 浦谷オートキャンプ場 »

2012年5月 3日 (木)

スキーパラダイスin立山

4月30日 cloud

富山側から立山へ 初上陸

Img_3247
初めてのところはわくわくですね。

朝一のケーブルカーに並ぼうかと思いきや、さすがGW競争率が半端ない、仕方なく2番目に乗り込みます。

バスに乗り換えて1時間、難なく室堂到着。途中、雪の大谷なんかも見て感動。観光地に来たのですね。

昨日までの疲れか、室堂の出口までの階段が辛い。これで山登るの?って感じで北アルプスのど真ん中へ。

さて、見渡す限りどこでも滑れそうな斜面ばかりがあるここで、いったいどこを滑りましょうか?贅沢な悩みです。

向かった先は 〒930-1418 富山県中新川郡立山町立山峰1番地

Img_3258

やっぱりここ、雄山へクライムオン。

一の越から槍ヶ岳。昨日のこの時間はまだあそこにいました。なんか感動です。

Img_3255
が南や、東の方から黒いガスが立ち込めてきて巻かれる前にドロップするか迷いましたがKZKのたっての希望で山頂目指しました。

雄山神社に着いて急いで滑り支度して、雷鳥に見送られながら小屋裏からドロップ

Img_3266

日が当たらなかったので結構硬いかと思いきや少し下ると快適な雪へ変身。

Img_3280

広大なカール状の地形に落ちていきました。そう山崎カールへ。

Img_3294
振り返って

Img_3315

テント密集地帯手前まで滑り込んでおかわりの登り返し。

日帰りなので今日はここまで。

Img_3316

さて、室堂を目指してシール歩行開始ですが、ここからの帰り道が今日1番の辛い道、適当にトレース追っていくと夏道沿いについているものですから上り、下り、雪なし、道迷い等完全になめていました。

無事室堂到着

Img_3330
天気がよければハイク2時間くらいで稜線まで一気に行けてしまう斜面が目白しのここ立山は広大なゲレンデのように感じてしまいますが、北アルプスのど真ん中。勘違いすることなかれ。天気急変すると一面真っ白のため結構危ういところです。

天気が曇りだと雪山の写真は色のないものばかりで残念

この3日間で両極端の場所へ出向いたわけですが、どちらもいいgood 雪山サイコー

|

« 飛騨沢、修行系 その2 | トップページ | 浦谷オートキャンプ場 »

バックカントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529523/45114804

この記事へのトラックバック一覧です: スキーパラダイスin立山:

« 飛騨沢、修行系 その2 | トップページ | 浦谷オートキャンプ場 »