« 長かったお休みin針ノ木岳 | トップページ | 飛騨沢、修行系 その2 »

2012年5月 1日 (火)

飛騨沢、修行系 その①

2012年 4月28日、29日 両日とも文句なしsunsunsun

前々から行ってみたいと思っていた飛騨沢で修行させていただきました。

Img_3128
1泊2日で新穂高~槍ヶ岳への飛騨沢春スキーへ。

1日目は登るのみ(早めに着いたら1本滑っとく?)のつもりでゆっくりスタート。

Img_3083_2

穂高平から今日の目的地がちらりと見えた

まあ、予想どうり白出沢までは我慢の歩き、板も靴もザックの肥やしにしかなりません、その後もすぐに沢沿いに歩いていけるはずだったのですが、コース取りが悪く夏道トラバースでなかなか歩が進みません

横から入ってくる沢のたびに大きなデブリを超えなければなりませんが

Img_3091_2

朝から快晴で文句を言うのもなんですが・・・ 暑すぎます。

やっと、スタート地点の槍平へ、このとき11時半、槍ヶ岳遠すぎです。

お互い運動不足で来たものだから辛くて辛くて。ついつい休憩ばかり。
ここを日帰りで来る人たちはどんな化け物でしょうか?

おやおや、化け物が滑ってきましたよ。

Img_3121_3
この方、深夜1時前に出発、槍の穂先を往復してもう滑ってきたらしい。恐るべき体力の持ち主だ。下りのルートファインディングを教えてもらいお互いの健闘をたたえて颯爽と滑って行った。下ってから花見もしたらしい・・・ おそろしや (私たちに日帰りは無理デース)

さて、私たちも行きますか。

Img_3105
大曲の前で左岸上部に稜線まで真っ直ぐ標高差1000mの沢が2本ほどある。

今年はデブリが沢芯を埋めているが、いつか滑ってみたい沢である。

Img_3101大曲を過ぎるといよいよ飛騨沢の核心部が見えてくる。圧倒的な大斜面にテンションはupですが、ここからも遠い。全然進んでいる気がしない。

Img_3129_3もう、気力も体力も尽きてしまいそうです。が1歩1歩進めばそのうちたどり着きます。

ゆっくり生きましょう。

飛騨乗越からの槍ヶ岳

Img_3159_3やっぱり傾いています。

飛騨乗越からの大喰岳方面

Img_3160_5
夕日が迫って来ます。

Img_3164

遠くに白山が霞んで

Img_3177_5
また明日

Img_3183
2日目へ

Img_3160_4

Img_3129_2

Img_3129

|

« 長かったお休みin針ノ木岳 | トップページ | 飛騨沢、修行系 その2 »

バックカントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529523/45086340

この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨沢、修行系 その①:

« 長かったお休みin針ノ木岳 | トップページ | 飛騨沢、修行系 その2 »