« LAST 粉雪? | トップページ | 春本番ですが・・・ »

2013年3月11日 (月)

横前倉山への旅(春編)

2013/3/11 sun

今日はここ

Img_5809

って言うか、周りの山々の写真ばかりで肝心の前横倉の写真がありません。残念

2年前の今日を思い、朝一で

Img_0709

9:00 栂池のゴンドラ、ロープ乗り継いで楽々ハイクです。ロープが始まると春が来たって感じですね。

Img_5764

10:10 今年初の天狗原へ、下から見てたら稜線は爆風に見えましたが、登っていくとだんだん収まっていく感じ、ヘリスキーも飛んでましたしね。

Img_5774
今日はこちら方面へドロップします。昨日の雷雨と強風でシュカブラだらけ、滑れたもんではありませんが、沢へ落とせばそれなりに滑れそうです。

途中まではスキーヤーズ右のゆるい台地状を下りましたが結局唐松沢へ引きずりこまれてしまいます。

沢の中はかなりのトラップが仕掛けられていまして、大きいものから小さいものまでさまざまな落とし穴を右岸、左岸の高巻きでクリアしていかなければ死んでしまいそうです。

一番辛いのが高巻きした後に何も落とし穴がなくそのまま通過できそうだったって言うのですか・・・

10:56 もう進めそうになくなったら登り返します。1650付近

Img_5777

暖かさに体が慣れてしまったのか、この気温この風でも結構辛い。

ここから風吹大池を目指しますが、あまり頑張って登ってしまうと結局下る羽目になるので、登りやすそうな尾根を適当にトラバースして行くとよさそう。

大池は思いっきり雪ノ下で岩菅山とのコル目指して池の上を通っていきます。

Img_5784

12:11 休憩&お昼ね 快晴、ここは風もない

Img_5795
12:45 頂上着

あんなところから来てしまいました。もう戻れません。

Img_5805
13:10 ドロップポイント 

この雪質(カリカリのレインクラストの上に10cmくらいの新雪?)でこの斜度はやばい…帰りたい。俺にはムリむり

Img_5815
うわさの細尾根と横前倉山

それもだけど、この先のルーファイもかなり気を使いなんとかうわさの細尾根へたどり着くことが出来ました。

Img_5822そのうわさの細尾根を横から撮っていますが、この時期スキーなら結構自由にルートが取れてあらかた方向が分かっていればはずしても登り返さずに尾根に乗ることが出来そうです。雪がなくなってくると無理なのかな?

後は橋を見つけて林道をしばらく登り返して来馬集落までなんですが、橋から先の地図をクルマに忘れてしまい思考停止。頭の片隅からの地図で林道らしきところを見つけては最後は杉林のかっちかっちの雪と枝の上を大トラバースしてなんとか無事生還

14:55集落到着

Img_5826

北小谷を15:30くらいの電車があるはずなのでどうにか間に合いそうですが途中で地すべり調査の方たちとお話しているとなんと「仕事が終わって帰るので乗せていってあげるよ」と電車での旅の予定がありがたい誤算。ありがとうございます。

白馬大池まで乗せていってもらい最後はタクシーで。

やっぱりはじめてのとこは楽しいやら不安やら不安やら不安やら緊張しっぱなしで休憩もと取らずに走ってしまうので心拍数計ったらえらいことになってそう。

|

« LAST 粉雪? | トップページ | 春本番ですが・・・ »

バックカントリー」カテゴリの記事

コメント

今シーズンの課題1つ完了ですね。次は何処?唐松、中ア?そこら辺行きましょう。春は楽しい、晴天率高いしスティーブな斜面に入りやすい。あっなんかいつもと写真の感じが違う、気のせい?

投稿: zakiyama | 2013年3月13日 (水) 00時06分

zakiyamaさん
写真はなんかすべてピントがずれていて変なんです。腕ですかね?
柔らかい雪ばかり滑っていたから滑り方忘れてしまいました。これから思い出すように努力して見ます

投稿: gezanka | 2013年3月13日 (水) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529523/50714921

この記事へのトラックバック一覧です: 横前倉山への旅(春編):

« LAST 粉雪? | トップページ | 春本番ですが・・・ »