« 大崩落@色 | トップページ | japarasuka »

2014年2月16日 (日)

天生山系里山

2014/02/16 晴れ

今日の修行はここでした

Img_7994

こんな天気になるとは思っていませんでしたが、がっつり晴れの日曜日。

YZさんと無事生還いたしました。

またまた朝も早からえっちら登っていきんす。

世の中災害級の積雪で高速道路は軒並み死亡ですが、東海地方は影響なし。

飛騨河合PAから出発。PAからラッセル開始、林道除雪はなくずーっとsuneラッセル。ずーっと林道を進むと2股へ行ったことのないほうへ let's go

細尾根を嫌い、沢上地形を進み上部で尾根へ

Img_7969001_2

地図上1320で尾根に取り付きえっちらほっちら、ここまで4時間くらい延々ラッセル。

尾根につくと雪が日射と風で今までと変わってクラスト気味に。風の通り道には吹き溜まりが・・・

1420付近の尾根下トラバース中に急に地球が揺れたと思った瞬間

5m前方の沢芯の雪がものすごい勢いで流れていきました

破断面は20~100cm 幅15m 走路は200m位? サイズ1.5 人によるリモートトリガー

Img_7975

Img_7976

Img_7978

すぐに敗退決定。こんなに頑張ってきたのに・・・ あと少しなのに・・・

いつかいい日が来たらまた来ましょう。今日はその日ではなかったということで。

傍の同じ向きの斜面で(斜度は緩い)ハンドテストしても全然崩れることがなく結合はgoodこれには驚きました。崩れた斜面は風の通り道みたいで雪の層が違ったのですかね?

Img_7984

そそくさと退散して7時間の山行終了。 登頂&滑降成功してから山名は公表しますよ(大した名前ではないですけどね)

Img_7997

午後からゲレンデでうっぷんを晴らし 今シーズン1番滑ったのでは

帰りの東海北陸道のカオスな渋滞をやり過ごして帰る途中に、野谷荘司での雪崩事故連絡 今日は残念な1日でした。 

当日の野谷の写真(野谷橋より)

Img_8008

南東面ですが、そこらじゅうで恐ろしく切れています。

この天気でここへ行ったらどうしても登ってしまうような気がしますが 亡くなった方のご冥福を祈ります。

|

« 大崩落@色 | トップページ | japarasuka »

バックカントリー」カテゴリの記事

コメント

次こそはピークから落としましょう。ザックを背負って・・・

投稿: yz | 2014年2月17日 (月) 21時10分

yzさん
絶景まで届かなくて残念です。次回完全装備でのぞみましょう

投稿: gezanka | 2014年2月18日 (火) 08時01分

はじめまして。マメゾウムシといいます。
この日は私たちは籾糠山の予定でしたが、白川郷で強風が吹いていたため、大日ヶ岳へ転進しました。
初めてのところだったので、やはり慎重になってしまいます。
(あとでわかったことですが、早川先生達はその日に籾糠山に行かれたようです)
その前の週には野谷荘司山を滑っていますが、融解凍結した層と新雪の間に弱層を確認していますので、風の影響を受ける1本杉(1250m付近)より上には行きませんでした。
写真を見ると野谷上部は破断しまくりですね。
樹林帯より上の斜面は風の影響を受けて、スラブ化が進んでいたのでしょうね。
大日ヶ岳でもその日はワッフ音を2回確認しましたので、奥美濃・飛騨周辺の山の積雪はだいぶ不安定な状態だったと思います。
お互い気をつけて行きましょうね!

投稿: マメゾウムシ | 2014年2月20日 (木) 13時41分

マメゾウムシさん、
先週の天気がウソのような毎日が続いていますが、気を引き締め直していきましょう

投稿: gezanka | 2014年2月21日 (金) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529523/55023399

この記事へのトラックバック一覧です: 天生山系里山:

« 大崩落@色 | トップページ | japarasuka »