« tateyama day1 真砂沢 | トップページ | 白馬大雪渓&旭岳 »

2014年4月18日 (金)

tateyama day2 雄山&龍王岳

2014/04/17 晴れちゃいました

Img_8594

昨日と同じ様な天気で上部はガスの中、風ビュービューかと思いきや…

朝の感じは前日と同じでだんだんとガスが立ち込めてきました。

Img_8596

今日は一の越~雄山方面でその先未定の予定(去年と同じようなコースになっちゃいました)

雄山はすでにガスの中

Img_8602

かなりモチが下がりましたが、本当に去年と同じになっても仕方がないからガスの中にアタック。最初ビュービューの風も登っていくうちに気にならなくなりました。

とりあえず社

Img_8611

山頂から東側はガスが抜けていてテンションあがってきます。

山崎カール側はガスとカチカチ山のはずなのでとりあえず御前谷へ落としてみます。

狙う yz

Img_8604_2

rider yz

Img_8619

Img_8626

rider bomb

Img_8649

おいしいところだけいただいて下部はカット、そそくさと登り返します。

Img_8653

このとき上部からスキーヤーが滑ってきた際、スキーカットで幅30m長さ150m位の湿雪雪崩が

発生。稜線の東と西で気候が全然違うためこちらは暑い!デロデロが結構目撃できます。反対側はカチカチなのにね

で、稜線まで暑ぢー中登り返したら今度は御山谷方面へドロップ。

っていうか、なんかガスなくなって晴れていました。ラッキー。

滑る斜面

Img_8659

雄山山頂付近から

rider yz

Img_8675

rider bomb

Img_8712

雪はしまっていて下部まで走るgood snow

ちなみに御前谷は上部こそザラメのいい感じでしたが、すぐに板つかまれました。

一の越付近まで落としたら次はこちら

Img_8657

去年は山頂行ってないから、今年は行っときますか。

コンディション整わない bombさんはここで別行動となりました。

で、山頂到着

Img_8715

山頂は落とし穴だらけで2回も3回も腰まで埋まって大変。

山頂からさっきの斜面 シュプールが見えると嬉しくなるのはなぜ?

Img_8713

で、これから落とす斜面なんですが、山頂から落とすと北斜面なんですよね・・・ 面はよさそうなんですが、このコンディションで北面は・・・

Img_8722

ガリガリですよね、そうですよね・・・ 東を向いたカールの中に入るとパックパウダー気味でいい感じでしたけどね。

山頂より 

rider yz 

Img_8735

ガリガリ君です

一の越しまで滑ったらまたまた登り返して

帰りの時間も気になってきましたので、ラスト一本

浄土山付近から

rider yz

Img_8789

上部の雪庇が落ちたら死亡確定。

で、対岸にいる私はどんどん固くなる北斜面の餌食に・・・ もはや笑うしかない

デポした荷物をみくりまで取りに行って、ここは日本なのに回り一面外人さんの室堂から、試練の帰り道を乗り越えて、今回のトリップ終了。

すべてがいい方向に行ったいい日でした。 お付き合いいただいた皆様お疲れ様でした。

|

« tateyama day1 真砂沢 | トップページ | 白馬大雪渓&旭岳 »

バックカントリー」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
迷惑かけっぱなしで、スミマセン
でも、最高に充実して楽しかったー
また、よろしくお願いしまーす。

投稿: BOMB | 2014年4月19日 (土) 01時00分

BOMBさん
体調は戻りましたか?
今度はスティープな斜面をメローにいきたいですね。

投稿: gezanka | 2014年4月19日 (土) 12時05分

楽しかったね~
gezankaさんのラスト以外はほぼパーフェクトだったね
来年は立山東面を登ったり滑ったりしましょうね

投稿: yz | 2014年4月19日 (土) 20時10分

yzさん
ガツガツ系の立山楽しかったですよ、東面はまた今度聞くとしまして、マイルド系もたまにはいいかな。
シーズン終盤 安全に楽しみましょう

投稿: gezanka | 2014年4月19日 (土) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529523/55836566

この記事へのトラックバック一覧です: tateyama day2 雄山&龍王岳:

« tateyama day1 真砂沢 | トップページ | 白馬大雪渓&旭岳 »