« 続修行中@猫岳 | トップページ | 木曽駒BC »

2016年3月14日 (月)

続々修行中@大喰岳

2016/03/13 曇
今日はここまで行ってきました

Img_1018お隣で凍て付く槍ヶ岳

新穂高発~槍平~飛騨沢~大喰西尾根~大喰山頂
新穂から槍平までは、ほぼ夏道、一部河原へ降りるも結局アップダウン多い。
藤木レリーフもしっかり見えるし、南沢下部も雪割れして、例年よりやはり雪少ない。
槍沢まで4時間半?、体力の限界近し。
ここまでずーっとガリガリ、帰りが思いやられる…
飛騨沢下部に入るとやっと雪が柔らかくなりちょっとだけテンションup

Img_1015ここから大喰西尾根に取り付き、アイゼン、ピッケルの冬山登山の世界へ

Img_1019結構しびれるロケーションで、疲れている場合ではない。

どうにかこうにか大喰岳山頂到着

ここまで8時間半さ

Img_1024自分的にこの冬1番の寒さ、疲労でこれからの滑走意欲が湧かないし、自分の置かれた状況がいまいち分かっていない。

本日予定していた大喰沢は尾根からの状況で早々に予定から外して、飛騨沢側へエントリー、せっかくここまで来て2人揃っての「そっちかい!」の判断。

しかし、この斜面も1筋縄ではいかない。

Img_1027斜度もかなりあるように見えるが、いかんせん広いのでわかりずらい。その上フラットライト、足元もままならない。

1ターンずつ慎重に降りていくだけ、しかもアイスのおまけつき、とんでもないところへ入ってしまったらしい・・・ あぁ 助けて

ボトム付近?になってくるとやっと安心して滑れるようになるが

Img_1039

相変わらずのフラットライト、気持ち悪

大 斜 面 をこじんまりとしたターンで滑っていくだけの人生です。

大曲手前の気持ちのいいところはあっという間に駆け抜けて、

次なる課題は大モナカ。

全然ターンできましぇん。もう何回撃沈しただろう。今日中に帰れるのだろうか。滑り出すのがいやになる。

何とか槍平小屋まで帰ってくるとここからは定番のアドベンチャー 

カティンコティンのトレースを忠実に延々と滑ったり登ったりするだけ。本当に延々と・・・

白出沢が見えたときは涙が出そうになりました。

後は林道ボブスレー ほぼ駐車場まで滑っていくことが出来 合計13時間の激闘に終止符を打つことができた。

まだまだ修行は続く

 

 

 

|

« 続修行中@猫岳 | トップページ | 木曽駒BC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529523/64452390

この記事へのトラックバック一覧です: 続々修行中@大喰岳:

« 続修行中@猫岳 | トップページ | 木曽駒BC »