« 白馬2号雪渓 | トップページ | 白山手前の別山 »

2016年10月10日 (月)

裏剱敗退

2016/10/8-9 raintyphoon

立山~仙人温泉~欅平の予定でしたが…

Img_1469

久しぶりの3連休、全部使ってよろしいと家族の許しが出たので、少し遅い秋を求めて裏剱へ

天気予報は芳しくないものの1日目さえ我慢すれば、2日目午後から3日目はsun予報なので何とかなるかと出発

day 1

立山~真砂沢ロッジ

行動時間が短いので遅めに立山IN 雨だし

雷鳥平キャンプ場も晩秋の気配

Img_1472

雷鳥沢を詰めて剱御前まで来ると激寒、強風雨に濡れた体に悪い。

剱沢小屋までの区間でザックカバー烈風にもっていかれ奉納、ついでにザックの持ち手が(首の後ろのやつ)ちぎれる えっ!

雨ひどくなりザックの中ベショベショ、腰の部分から浸水開始。もうカッパなんて役に立たない腰から足を伝って靴の中も入水。 激さぶ

そんな中の素晴らしい景色 晩秋に濡れる剱沢

Img_1473
もうカメラも結露しまくりで表現できませんが、こんな景色をなんでこんなにずぶぬれになって見ているのかという自問自答の思考回路の中、二度と見ることのないであろうこの画を・・・

雪渓を渡り別山沢出会いに着いて!

Img_1479
剱沢に大きな滝が・・・ 春先しか来たことないので辺り一面雪しかないところに滝があるのには驚いた

標高が下がると気温も風も少し落ち着いて、本日の目的地真砂沢到着。

なんとロッジは営業終了で解体後でした。知ってはいたけどめちゃくちゃ寂しい。ここで1晩を過ごすのはすっごい不安。絶対誰も来ないし。 明るいうちから酒盛りして寝るしかない。ちなみに夜中はheavy rain テント浸水

day 2

そのままの勢いの雨の中撤収出発

出発して10分 恐れていたことが・・ なんと三の沢が増水、激流で渡れない。どこを探しても無理っぽい。水量が減るまで待つなんて時間はない。

潔く撤収、下手したら戻ることも無理かもしれないと脳裏に浮かぶ。 

ここでザックのショルダーベルトが崩壊、もういや!

剱沢を詰め始めて1時間以上、初めて人と出会う。「先のこと」を伝えるとみんな引き返していく、この人たちもこれから2日以上行動予定だったはずなのに、なんか自分のせいに思えてきて伝えたことを後悔する。

標高を上げるとまたまた強風、雨、そして激さぶ。止まったら死にそうだから一気に剱御前まで、小屋で休憩しても一向に温まらないのですぐに下山、室堂まで下りて着替えると一気に天国。

次回に持ち越し

そういえば別山沢出会いにこんな落し物が

Img_1477_2

|

« 白馬2号雪渓 | トップページ | 白山手前の別山 »

夏山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529523/67892165

この記事へのトラックバック一覧です: 裏剱敗退:

« 白馬2号雪渓 | トップページ | 白山手前の別山 »