« 大日連山周遊 | トップページ | 1703 裏表 »

2017年9月13日 (水)

鷲羽&水晶1day

2017/09/03 sun

やっと念願の水晶日帰り行けました。

Img_4836

前日思い立って仮眠もそこそこに新穂高へ

3:00 新穂高無料駐車場は満車のため、いやいや鍋平へ。真っ暗な中いきなり道迷い、調べてないから登山センターへ下る山道がわからない。

4:00 どうにか登山センターからクライムオン

朝日が輝く槍方面

Img_47856:30 鏡平山荘 

 行きは逆さ槍も健在でした

Img_4790

雲海から望む乗鞍方面

Img_4789
7:30 双六小屋

Img_4798
快晴の中、望む鷲羽岳 行ったことないんです。その向こうには見えないが水晶岳も。

7:53 小休憩ののち少し登って分岐点

Img_4803

山の分岐点て好きです。この先知らない道だったりするとわくわくします。

9:00 三俣蓮華下 分岐

Img_4809

ここからの鷲羽と山荘の絵はいつ見てもいい

10:00 鷲羽岳山頂 祝new

Img_4811
蒲田川方面は雲海に飲み込まれていますが、北アルプス真ん中は素晴らしい天気。

目指す水晶もはっきりととらえれます

Img_4815
ワリモを超えていざ水晶へ。

ピストンなんで少し余裕。

山荘手前から振り返ると、アルプスの稜線を歩を進める人たちが

Img_4830
たまらん景色 ここ帰るかと思うとげんなりしますが、、、

11:35 水晶山頂到着 祝new

超えてきた山々、これからたどる道のりがはるか遠くまで連なります。

来てしまったのだから帰るしかない。休憩も早々に腰を上げます。

水晶小屋で力汁(1000円うまかったー)を頂き、いざ黒部源流へ

Img_4851下るに従い水流が集まってきて小川から川へそして海へ、次第に変化していく様は心躍ります。

13:20 源流石碑

14:11 三俣峠

このあたりになると疲れでペースダウン。暗くなる前に帰れるといいな位でぼちぼち行きます。

15:09 双六小屋

なんか食べた気がするけど思い出せん。ビール飲みたくて我慢したんだ

16:21 鏡平小屋

Img_4869氷は寒くて食べれません。

帰りはガスガスで逆さ槍は見えんかった

18:33 新穂高登山センター

何とかヘッデン下山は免れた、、、

Img_4870
が、再びヘッデン登山スタート。鍋平までの20分ほど真っ暗ぐちゃぐちゃを歩かないと帰れません。(ここが1番怖かった)

今までなんとなくやって見たかった水晶1day。伸ばし伸ばしにしてきたがやっと行けた。

思った通りしんどいが、次回やるなら折立からかな。

 

|

« 大日連山周遊 | トップページ | 1703 裏表 »

夏山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。御無沙汰してます。
久々にコメントします。
新穂高からの水晶ワンデイご苦労さまでした。メチャ遠いと思います。
折立からは考えたことなかった。七倉からも行ってみて!是非。

投稿: maoyuki | 2017年9月28日 (木) 23時08分

maoyukiさん
お久しぶりです。先シーズン乗鞍で見かけた以来です。
七倉から水晶も楽しそうですね、来年やってみようかな

投稿: gezanka | 2017年9月29日 (金) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529523/71705083

この記事へのトラックバック一覧です: 鷲羽&水晶1day:

« 大日連山周遊 | トップページ | 1703 裏表 »